• このエントリーをはてなブックマークに追加

【注意】メスティアの泥棒(未遂)宿

メスティアでバックパックに掛けた鍵のナンバーが変更されていたので情報共有します。この宿には行かない方が賢明だと思います。

[宿泊施設名]
GUESTHOUSE BANGURIANI
(通称ロビとルソーの宿)

ルソーというおばちゃんと、ロビゾンというおじちゃんがやっている通称ロビとルソーの宿、正式名称GUESTHOUSE BANGURIANIですが、盗難宿の可能性があります。ツインルームでしたが、部屋の鍵はないと言われバックパックにダイヤル式の鍵をかけてトレッキングに行きました。10時間後部屋に戻ったところ、部屋に入られた形跡があり(でもベッドメイキングがされているわけではない)、更にバックパックに掛けた鍵のダイヤルナンバーが出かける前と変わっていました。幸い被害はありませんでした。普段なら思い過ごしかもしれないということもありますが、不審なことが数点あり鍵のナンバーを特定の数字に合わせて部屋を出たため、間違いなく鍵に手を付けられていました。宿泊最終日の夜まで宿泊者は僕一人でしたので、僕は宿の人を疑っています。どんな理由があれ、鍵に手を付けたら盗難宿と疑われて仕方ないと思います。グルジアのホームステイでこういうことがあると思っていなかったので改めて気を引き締めなくてはいけないと思いました。ルソーはミニバスが到着する広場の前で待ち構えているので気をつけて下さい。

懲罰的な写真を載せることはあまり好ましいとは思いませんが情報共有のため。
メスティアの宿 名刺

メスティアの宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加